ソープを含めて風俗店は風営法によって規制され運営しています。

風俗営業を対象として法律による営業のソープランド

性風俗に属するソープなどは、明確に風営法によって運営されています。
実際、風営法ではどのように年齢について表記されているのでしょうか、実際に確認してみましょう。

風営法の一条文をそのまま記載してみます。

【風俗営業等の規制】
第一八条 風俗営業者は、国家公安委員会規則で定めるところにより、十八歳未満の者がその営業所に立ち入ってはならない。

と、明確に「十八歳未満の者がその営業所に立ち入ってはならない」と定められています。
つまり十八歳未満の解釈としては、満十八歳になっていない者を指します。
この法律を純粋に解釈すると、高校生三年になれば満十八歳になるので、年齢的には十八歳未満に該当しないので、ソープ利用は法律的には問題なく利用が可能になります。
但し、多くのソープランド店では自主規制として十八歳未満及び高校生を制限した掲示をしています。
このように利用資格についての掲示をすることも法律で定められているので、必ず店の見えるところに掲示をしてるのです。

さて、十八歳になった高校生については、法律的には利用可能な年齢を満たしていますが、現実には、高校在学中での利用はできないことになります。
また、風営法とは別にその地域、都道府県毎に条令で制定されているので、その法令でも青少年健全化を前提にして、高校生までの利用を禁止しているケースも多く散財します。

年齢制限が設けられているわけですから、ソープ利用時は身分証明提示があるかといえば、実際そのような確認はありません。
この点はとても曖昧なのですが、容姿から十八歳以下にみられたりするようなときだけ身分証明の提示を求められることもあります。
店の受付する人の年齢感覚によるところが全てといってよいでしょう。

法律では、ソープ利用は十八歳未満の利用は不可であることは確かです。

ソープ利用は十八歳未満は利用できないので注意

風営法は、風俗営業と性風俗特殊営業の二つに大別され、その二つを更に分類して定めている法律です。 ソープランドは、その一つ性風俗特殊営業に類する営業法に従わなければなりません。 この風営法に年齢や時間帯などによる利用制限についても記載されています。

ソープランドってどんなところでしょうか?

ソープを含めて性風俗店は様々な性的なサービスを提供しています。 全ての性行為は、内容も含めて風営法で定められています。 風営法は性風俗店のための法律のようにイメージされますが、実際は性風俗以外も対象としたものなのです。 身近なものでいうとゲームセンターも風営法の適用対象になります。

ソープと同様の年齢制限がある店は?

性風俗店が全て18歳未満の立ち入り禁止となります。 ソープランド、イメージクラブ、性感マッサージ、ピンクサロン、デリヘル(無店舗)などになります。 これら性風俗店は、風営法で定められる営業をするため許可制かと思いきや、届け出制であるという現実もあります。 但し無届け営業すると罰則はあります。