ソープを含めて風俗店は風営法によって規制され運営しています。

ソープ利用は十八歳未満は利用できないので注意

性風俗特殊営業店の種類

ソープランドを含めた性的サービスを提供するお店が対象となります。
原則、届け出を提出して営業をしています。
性風俗の店はどこでも作って営業することはできません。
性風俗店は営業地域や場所についても定められていますので、そういった背景から風俗街のように集中してしまう傾向があるのです。
十八歳未満という表現、十八歳以下とは同一の認識に思われがちですが、実際の解釈としては十八歳未満利用不可とある場合、満十八歳になっていれば利用ができて十七歳以下が利用できない解釈になります。
では、十八歳以下利用不可とした場合は、十八歳までが対象となるので満19歳にならなければ利用ができないということになります。
年齢制限を表しているようだとこの「未満」という表現がとても多く使われますので、以上や以下という表現と区別して認識しておく必要があります。

性風俗店の制限と制約

既に制限については触れていますがもう少しだけ、ソープも含まれる性風俗の法律、風営法について見ていきましょう。
他の法律は一般的な生活に密接に関係しているので意識せずとも触れていて認識していますが、風営法は成人の遊戯利用を前提としたものなので、未成熟な年齢の立ち入りや利用を明確に制限とした内容になっています。
同じ風営法対象でも、性風俗系の営業時間は深夜0時までとしています。
居酒屋やクラブなどは深夜0時までの制限がないので、深夜0時以降も営業をしています。
但し、カラオケ店や映画館などは十八歳未満だと22時以降の立ち入りが禁じられています。
十八歳未満も利用可能とした場合でも、時間的な制限で立ち入れなくなります。
保護者同伴でも利用不可なんです。
この制約は、市町村の条例でも定められたりしていますので、お住まいの地域の条令を確認すると良いでしょう。