ソープを含めて風俗店は風営法によって規制され運営しています。

ソープと同様の年齢制限がある店は?

ソープランドで提供されるサービス

基本的にお風呂なのです。
実際は、個室風呂ということでお客である男性に女性がついて、体などを洗ってくれる特殊浴場になります。
サービスの具体的な内容については、個室である浴室にある特殊な椅子に腰掛け、て全身を丁寧に密着して洗う、浴槽に一緒に入り手や口を使って気持ちよくしてくれます。
その他、専用のマットとローションを使った女性が全身を使い密着してマッサージ多的なことをしてくれます。
マットプレイなどといわれて有名な言葉です。
最後の方になると、室内の設置された長いソファやベッドなどで最後の性的サービス、本番行為を受けます。

これら一連のスタイルは、昔からの基本的なものです。
ソープランドの店ごとに、バリエーションもあり安価や時間でサービス内容にも変化があります。
やはり高級店はサービスも女性の質も高い傾向はあります。
時代時代で、流行のサービス内容も付加されたりもしています。

ソープに思いをはせて

ソープランドやその環境、風営法を少しのぞいてきました。
また、十八歳でも高校在籍である場合は、多くの店の自主規制や地域の条例で立ち入りを禁じているので、その点は十八歳になっていても利用はできないと考えて良いと思います。

また、営業時間も深夜0時までと法律で定められて閉店して、早朝から早くに開店する形態が多いのもソープです。

ソープってどこにあるのか、ソープ自体は昔からの建物でしか営業できないということを説明しました。
新たに建てられるということはないので、昔からの所に点在しています。
有名なのは、吉原、川崎とかは全国区に知られたソープ街です。
その他、ススキノ、曙町、堀之内、岐阜金津園、滋賀雄琴、兵庫福原、福岡中州、他、各都道府県に散在しています。

私的に知るところでは、池袋、川口なんかもあります。

風営法やお店のルールを理解して、楽しく利用することがソープの醍醐味といえるでしょう。